白髪染めシャンプーは染まらない?

白髪染めシャンプーは染まらない!?考えられる原因とは?

 

白髪染めシャンプーが「染まらない!?」という声が沢山見られます。

 

 

一方で、「徐々に染まってきた」「もう手放せない」などの満足の声も多く上がっています。

 

白髪染めシャンプーを使って「染まる人」「染まらない人」、両者には、一体どのような違いがあるのでしょうか?

 

今回は、白髪染めシャンプーが染まらないと感じる人に考えられる、いくつか原因をピックアップ!

 

合わせてきれいに染めるためのポイントをご紹介していきます。

 

白髪染めシャンプーで思うように染めらない人、使ってみたいけれど本当に染まるのか半信半疑な方、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

 

白髪染めシャンプーで染まらない原因

 

白髪染めシャンプー染まらないと感じる原因を見ていきましょう。

 

すぐに染まると思っていませんか?

白髪染めシャンプーはすぐには染まりません。

 

白髪染めシャンプーは、使い続けることで徐々に染めていくシャンプーです。

 

1回使っただけでは変化は見られず、3〜5日くらいから徐々に染まってきているのを確認できるようになり、白髪が気にならなくなるまでには、2週間〜1ヵ月ほどかかります。

 

美容院のヘアカラーやホームカラーは1日でしっかり染まるので、そのようなイメージで使ってしまうと、「ぜんぜん染まらない!」と感じてしまうかもしれません。

 

まずは、白髪染めシャンプーを使いはじめてから、ある程度色がついてくる10日くらいまでは、毎日連続して使用するのをおすすめします。

 

毎日コツコツ洗い続けているうちに、徐々に白髪が気にならなくなるでしょう。

 

使い始めたばかりの方は、根気よく続けてみてくださいね♪

 

シャンプー前に、ブラッシングや予洗いをしてますか?

あらかじめ予洗いすることで着色を良くすることが期待できます。

 

白髪染めシャンプーは、ヘアマニュキュアタイプの白髪染めです。

 

そのため、髪にホコリや汚れ、整髪料などがたくさん付着していると、色が髪にうまくつかないことがあります。

 

シャンプー前に「ブラッシング」や「予洗い」をして、しっかり髪についた汚れを落とすことが大切です。

 

充分な予洗いをしたあとは、水気を切ることも大切です。

 

水を含み過ぎていると、シャンプーが薄まってしまい、色がなかなかつかないことがあるためです。

 

髪を絞って水気をしっかり絞ったり、面倒でなければ一度軽くタオルで水気を抑えてもよいでしょう。

 

そうすることで、白髪染めシャンプーの色がつきやすくなりますよ。

 

ブラッシングとは

髪を濡らす前にブラシで髪をといて、髪に付着したホコリや汚れを落としたり、髪の絡まりを解くことです。頭皮のマッサージにもなるので、白髪や抜け毛・薄毛の予防にもなるのでおすすめです。

予洗いとは

予洗いとは、シャンプー前に、お湯だけで汚れを落とすことです。この予洗いをしっかりすると、髪の8割の汚れは落ちるといわれています。2?3分を目安に、38?40℃くらいのぬるま湯で洗いましょう。熱すぎるお湯は、頭皮の皮脂を取り過ぎてしまうので要注意です。

 

多めの量を使っていますか?

白髪染めシャンプーは、通常のシャンプーよりも多めの量を使うことが推奨されています。

 

特に髪の短い方は、一般のシャンプーをするときに、少量のシャンプーで十分洗うことができるので、たくさんのシャンプーを手に出すのに抵抗があるかもしれません。

 

しかし、シャンプーが極端に少ないと、泡立ちも悪くなり、髪全体に色が届かなくなってしまいます。

 

いつもよりも、多めの量を出して、たっぷりの泡で洗いましょう。

 

充分に泡立てていますか?

白髪染めシャンプーできれいに染めるためには、充分な泡立ちも大切です。

 

きめこまかい泡が、一本一本の髪に行き渡ることで、染めムラのないきれいな髪に仕上げます。

 

手のひらで軽く泡立ててから、頭に乗せましょう。

 

手が小さくてうまく泡立てられない方におすすめなのは、「シャンプーブラシ」!

 

シャンプーブラシを使用することで、よりきめ細かいたくさんの泡を作ることができます。

 

爪や指に色がつくこともなく、安心してゆっくりシャンプーすることができますよ。

 

洗っている時間が、極端に短くないですか?

白髪染めシャンプーでは十分な着色を得るためには、短すぎる洗髪時間はNGです。

 

白髪染めシャンプーは、白髪染めトリートメントのように、特別な放置時間は必要ありません。

 

しかし、洗っている時間が極端に短いのも、染まらない原因になります。

 

ゴシゴシ洗って、数十秒で流してしまっては、泡も髪全体に行き渡らずに、色が定着しないので注意しましょう。

 

短くても2?3分はかけるようにして、指の腹でていねいに頭皮を揉み込むようにしてから洗い流しましょう。

 

シリコン入りのシャンプーやコンディショナーを使っていませんでしたか?

白髪染めシャンプーに切り替える前に、シリコン入りのシャンプーやコンディショナーを使用していた方は要注意!

 

シリコンは指通りをよくする効果があり、使用すると1本1本の髪がシリコンの膜で覆われます。

 

そのため、シリコン入りのシャンプーやコンディショナーを使っていたばかりだと、まだ髪にシリコンが残っているので色が定着しにくくなります。

 

特に、長年シリコン入りのシャンプーやコンディショナーを使い続けていた人は、なかなか色が入りにくくなる傾向に。

 

白髪染めシャンプーも基本的にノンシリコンなので、使っているうちに、徐々にシリコンを落ちていきます。焦らず使い続けてみましょう。

 

効果が心配な方は、白髪染めシャンプーを使い始める前に、ノンシリコンのシャンプーやコンディショナーに切り替えて、シリコンを落としてからトライしてみてもよいでしょう。

 

すぐに髪を乾かしていますか?

ドライヤーは髪を傷ませるから、使わずに自然乾燥をする、という方もいらっしゃいますが、これも染まりにくくする原因のひとつ。

 

濡れた状態が長く続くと、色落ちしてしまやすく、そのまま寝てしまいと枕に色移りしてしまうこともあります。

 

また、髪が塗れた状態ではとキューティクルが開いているので、濡れたまま放置していると水分が蒸発して髪を傷ませる原因にす。

 

白髪染めシャンプーで洗った後は、できるだけ早くドライヤーをかけて、しっかりと髪を乾かすようにしましょう。

 

 

まとめ

 

白髪染めシャンプーで染まらない原因について、解説してまいりましたが、いかがでしたか?

 

白髪染めシャンプーの効果を最大限に実感するためには、紹介したようないくつかのポイントに留意することが大切です。

 

これを実行せずにただ「白髪染めシャンプーは染まらない!」と感じて投げ出してしまっては、とてももったいない!

 

頭皮や髪に優しく、手軽に白髪を染めることができる白髪染めシャンプー。

 

この素晴らしいシャンプーの効果を活かすも殺すも、ちょっとしたコツ次第ですよ♪

 

 
 このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ページ

もう黒髪は生えない?
白髪が増えてくると、「これから、全ての髪が白くなってしまうのだろうか?」と感じている方もいると思います。
白髪染めシャンプーがおすすめな人とは?白髪染めにお悩みならチェック!
白髪染めシャンプーは、髪に優しく手軽に白髪染めができるシャンプーとして、インターネットを中心に多くの話題を集めています。しかし、白髪染めには、美容院のヘアカラーやホームカラーなど、その他の方法も依然続けている人もいらっしゃいます。そこで今回は、白髪染めシャンプーがどんな人に合っているのか、おすすめの人の特徴をご紹介します。
若白髪の原因
若白髪はどうして出てきてしまうのか、ご紹介しましょう。
パーマとの併用
白髪染めをした際には、パーマも同時に行ってよいのか、ご紹介しましょう。
おしゃれ染めとの違い
おしゃれ染めと白髪染めの違いについて、ご紹介しましょう。
染めを維持するには
白髪染めシャンプーを使った際、どのようにすれば染めの状態を維持することが出来るのか、ご紹介しましょう。